紳士

盗聴を疑うなら早期発見していつもの生活に戻そう

信頼できるプロの見分け方

ヘッドホン

盗聴器調査業者を頼る時は、導入機材や調査スキルはもちろん、責任者の氏名や会社の住所を明らかにしているところを選びましょう。責任の所在を明らかにすることは、優良業者の最低条件です。また、調査を依頼する時はどこまで調査サービスに含まれるのか、確認することも大切です。追加料金もしっかりチェックしましょう。

不安を取り除くには

スーツの女性

盗聴器は特に一人暮らしの女性は対策を考えておくべき事案です。なんとなく違和感を感じたら、気軽に盗聴器発見業者に相談をしてみましょう。ストーカー問題に悩んでいる人も、こうしたトラブルに巻き込まれやすくなっています。安心の暮らしを手に入れるために、早期発見を目指しましょう。

安心した生活のためにも

虫眼鏡

専門家に頼むのが賢明

盗聴器を発見するときに最も有効なのが専門の業者さんにお願いするかたちで、その道のエキスパートに探してもらえる分だけ確実に発見できます。自分自身で探そうとすると見落としてしまう可能性が高いのに対して、専門家に頼めば仕掛けられている盗聴器を片っ端から発見してもらえます。過去に盗聴器を取り除いた経験が豊富なため、どんな場所に仕掛けられやすいのかを把握しているのも業者の強みです。また、微弱な電波をキャッチするためには高性能の機械が必要ですが、業者さんに頼めばそういったものもすべて用意してもらえ、結果としてかかる費用を抑えられます。だれかが仕掛けた盗聴器で莫大なお金を浪費するのは野暮ですから、その意味でも専門家にお願いするのは賢明な作戦です。

入居時が最適なタイミング

盗聴器を探す作業自体はどのタイミングでも可能ですが、費用対効果を考えるのであれば新しい不動産に入居するときが最適です。引っ越したばかりの頃は部屋のなかに荷物がほとんどなく、どこに盗聴器が隠されているのかを簡単に割り出せます。また、盗聴器から発せられる電波を遮るものが少ないので、より正確に機器が反応を感知できるのも理由のひとつです。ほかにも、科学技術の進歩に伴って盗聴器もドンドンと小型になっていて、それこそコンセントのプラグ部分などに隠されていたケースもあります。故に、前の住民をターゲットにした盗聴器がそのまま部屋に残っている可能性もあり、二次災害に巻き込まれるのを防ぐ意味でも、最初に発見してしまった方がいいです。

浮気調査にぴったりな機器

地図

浮気調査のためにgps発信機を利用するケースが増えています。gps発信機は調査機関に調査を依頼するより調査費用を安く抑えることができます。追跡専用のgps発信機を使い、確実に目的を果たしましょう。