メンズ

盗聴を疑うなら早期発見していつもの生活に戻そう

  1. ホーム
  2. 信頼できるプロの見分け方

信頼できるプロの見分け方

ヘッドホン

優良業者の最低条件とは

せっかくプロに盗聴器調査を依頼するなら、優良業者にお願いしたいものです。優良業者は高性能の機材を揃え、盗聴器に関する幅広く深い知識を持っていることはもちろん、責任の所在を明らかにしていることも最低条件になります。盗聴被害が急増している今、盗聴器調査業者の中には会社の住所や連絡先を公開していないところもあります。けれど商売を行う以上、責任者の名前や会社の住所を公開するのは当然のことです。ホームページに固定電話ではなく携帯電話の連絡先しか書いていない会社も、避けた方が無難です。固定電話と携帯電話、パソコンのメールアドレスなど、何通りか連絡先が記載されていると親切です。導入機材やスキルだけではなく、会社自体の信頼性もしっかりチェックした上で最終的に契約する相手を絞込みましょう。

調査サービスの範囲を確認

盗聴器調査をプロに頼む場合、はじめに調査サービスの範囲を確かめておきましょう。安いのは着手金だけで、あとから機材代や時間延長料金などの追加料金を請求されるケースも少なくありません。複数の業者の見積もり金額を比べる時も、調査サービスの範囲が同じではないと正確に比較できません。例えばストーカー被害に遭っている女の人は、高確率で盗撮カメラも設置されています。盗聴器調査は格安でも盗撮カメラの撤去料が法外に高いと、トータル料金が驚くほど高くなることもあります。信頼できる会社は追加料金まで含め、どんな時にどの名目でいくらかかるのか事前にきちんと説明してくれます。最初の打ち合わせで説明が不十分だな、と感じたら、違う業者に依頼した方が良さそうです。優良業者はたくさんあるので、何も料金体系が不透明な会社をわざわざ選び、不安要素を抱えることはありません。